「今でしょ!」の林先生をはじめ、個性豊かな名物講師が所属!!

今乗りに乗っている東進ハイスクールは一体どんな予備校なのでしょうか?

 

東進ハイスクールは、首都圏を中心に92校と、東進衛星予備校を全国に841校を展開しており、全国の約10万人の生徒を指導している予備校です。

 

東進ハイスクールの最大の特徴は、「t-POD(toshin-Preparatory school On Demand)」と呼ばれる最先端の教育システムを導入していることです。

 

最先端の教育システムt-PODとは?

これは、映像授業を受講することができることに加えて、授業や確認テスト、講座修了判定テスト、高速基礎マスター講座など、志望校に合格するために必要な東進のすべてのコンテンツを活用できるという教育システムです。

 

このシステムによって、志望校合格のために必要な要素をすべて、場所や時間を問わずに勉強できます。

 

2013年の現役合格の実績については、東京大学に600名、京都大学に214名、大阪大348名、九州大学292名など、有名大学へ多くの合格者を出しています。私立大学に関しても、早稲田大学に2627名、慶應義塾大学に1402名など、高い実績があります。

 

なぜこのように多くの合格者を出しているかというと、学力が伸びる学習システムに秘密があります。その中の1つに高速学習と呼ばれるものがあります。

 

これは映像化された一流講師の授業から得られる最先端の学習方法のことです。授業の種類は約1万種類あり、すべてを映像配信していますので、いつからでも勉強することができ、1年分の授業を最短2週間で受講することも可能です。苦手分野だけを取り出して重点的に学習することもできますし、先取りして学習することもでき、自分のペースに合わせた方法で勉強が進められます。

 

講師陣は、日本全国から選りすぐりの大学受験のプロフェッショナルが揃っています。分かりやすさにも定評があり、何万人もの受験生を難関大学に合格させてきました。

 

独自のシステムと実力派の講師陣が揃う東進ハイスクールで志望校合格を目指しませんか。

難関大学に挑戦するなら東進がおすすめ!
東京大学現役合格者が続々誕生! 受験生の合格の可能性を開花させる教育システムが人気の東進ハイスクール。もちろん国公立大学やMARCHなどの私学への合格者も多数輩出しています。日本全国から選りすぐられた個性たっぷりの実力派の講師が受講生をがっちり指導・サポート。第一志望校へ現役合格するために必要な全てが東進ハイスクールにあります!

公式サイトへ


このページの先頭へ戻る